Naohiro Abe in Australia

26 Nov

http://vhsmag.com/doinit/naohiro-abe-in-australia/

Naoinoz

VHSMAG

RANDOM

Introducing etceteras in skateboarding
スケートボードを取り巻くエトセトラを紹介

Have you checked out Naohiro Abe in Australia in Today’s ‘Doin it’ corner? This is a document of well known Element rider Naohiro Abe’s take on Australia. In today’s Random segment we get the behind the scenes story from him as an introduction to the article.

本日Doin’itコーナーで公開された『Naohiro Abe In Australia』はチェックしていただけましたでしょうか? こちらの映像は、Elementのライダーとして知られる阿部直央によるオーストラリアツアーの模様を収録したもの。今回のRandomでは、本人のコメントも交えて『Naohiro Abe In Australia』の舞台裏を紹介していきます。

‘This summer, travelling by myself to skate some new spots, allowed me to grow. Testing myself, to push myself towards my limits’ says Nao.

‘I chose Australia simply because I haven’t been there before. I have been to America, and Europe seems so far away. And there isn’t much of a time difference either, so I decided on Australia.’

My plan was to go for 2 months. At the very least my mission was that I wanted to get at least two minutes of footage and a bunch of photos from the trip.

This proved very difficult, for starters I had to find someone willing to film and take photos for me. I really didn’t know anyone over there so first of all I thought, how about I went to the skatepark looking for a filmer and photographer who had the same kinda vibes as me.
The first guy I met was a photographer from Brazil. After that, Kei Hoshino who is absolutely ripping in Australia, introduced me to a filmer, so within two or three weeks I was able to get a team together to capture it all and start filming.

今夏に行われた単独ツアーのきっかけは「スケボーを新しいスポットでやりたいのと、人間力アップ。そして自分を試し、自分の限界を追い求めるため」と語る阿部直央。選んだ場所はオーストラリア。選んだ理由はまさにシンプル。「行ったことがないところ。アメリカは行ったことあるし、ヨーロッパは遠いし。それじゃ、時差もそんなに無いしスポットもあるしってことでオーストラリアにした」とのこと。
予定しているツアーの期間は2ヵ月間。その期間で自らに課したミッションは「最低2分のフッテージと何枚かの写真を残す」というもの。本人曰く「めちゃめちゃ大変だった」という今回のフッテージの撮影は、まずは自分を撮影してくれるフィルマーやフォトグラファーを探すことからスタートした。「とりあえず知り合いも撮ってくれる人も全然いないので、まずはパークでバイブスの近いフィルマーやフォトグラファーと仲良くなろう」と思い、日々パークに繰り出す。そして最初に知り合ったのはブラジリアンのフォトグラファー。その後、現在オーストラリアでバリバリスケートしている星野 慶を通じてひとりのフィルマーを紹介してもらい、オーストラリア到着から2~3週間をかけて撮影スタッフとのチームアップを完成。本格的なフィルミングをスタートさせることができたとのことです。

So I would like you to check out the results, and at the same time, bearing in mind this is his first trip to Australia, and all on his own, finding locals to film it and bring the goods home, check out the quality of the filming. So to all the young skaters out there, who watch this clip, what I wanna say is I urge you to go to other countries and hook up with local filmers and photographers, and just like this take on the challenge to bring home some footage like this.

そうして完成された映像はこちらでチェックしていただきたいのですが、本人による今作品の見どころとしては「オーストラリアならではのスポットと、初めて行く国に自分ひとりで突っ込んでいって、現地でフィルマーを探し、映像を持って帰ることもできるんだってところと、フィルミングのクオリティもチェックして欲しいですね。そしてこの映像を見た若いスケーターに是非いろんなとこに行って異国の人たちとセッションして映像や写真を撮って、持って帰るという意気込みを含めて挑戦してもらえるとアツいかな」とのコメントを残してくれた。

For skaters, our best tool for communication, for overcoming the language barrier is of course the skateboard. Getting over the wall of language and cultural differences can be difficult but young people can overcome this straight away.

Take a look at ‘Naohiro Abe in Australia’ and if you feel something after watching it, why don’t you pick up your board in one hand and go on a trip overseas?

スケーターにとって言葉にも勝る最高のコミュニケーションツールはもちろんスケートボード。言葉や文化の壁などさまざまな障壁はありますが、若い内でしたらそんなものはすぐに乗り越えられるはずです。『Naohiro Abe In Australia』を観て何か感じるものがありましたら、是非スケートボード片手に海外へと旅へ出てみてはいかがでしょうか?

–TM

nao270backtail

Naohiro Abe, 270 frontside tailslide, Clifton Hill, Melbourne.

nao270fstail2

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: